ちりもつもれば山々となる

何もしなくても生きているだけでお金がかかります。食費、住まい費、水光熱費、世間掛け金、税金等々だ。コストはなくてもいいとはいっても最低限は必要です。私の低減といえば、めしはスーパーの売り出しの野菜を買ってカリキュラムはこれから考えます。肉は基本的に豚肉だ。売り出しの肉があればそれを買います。命協にも入ってますが、他の店よりも安いものだけ、命協でしか手に入らないものだけにしぼって、1回の買い物合計を決めて注文しています。バス代はできるだけかけないようにしています。1時間ほどだったら歩き回ります。健康にもいいからだ。生命保険は、貯蓄スタイルのものとしています。銀行に備蓄するよりも利子が素晴らしいし、規則によっては病魔になったらお金がいただける。そうして、自分が預金してある銀行に行ったら、1000円備蓄するようにしています。少しずつですがたまっていきます。自宅では備蓄箱に小銭を入れています。小銭は一年中100円備蓄すると、年間3万6千円ほどになります。これを長時間つづけたら10万以外貯まります。そうして、予算の範囲でちらほら好きなものを買います。節約しているとゆっくりほしい物質がなくなってしまう。ないならなくてもいいなという気になります。何に扱う行動はありませんが、このご時世切り捨て備蓄講じるにこしたことはありません。手当てが決してないので自分に余裕範囲で切り捨ています。ちりもつもれば山野となるといいます。飛び石で割れたガラスについてはこちら